FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶対可憐チルドレン 第12話

葵がメインの回。ちょっとしたことで薫と紫穂の2人と喧嘩してしまった葵に、首相に重要なアタッシュケースを届けるという単独任務の話がきて・・・という話。

原作では、戦闘機の追跡を単にスピードで振り切ってしまいますが、一旦警告に従うことにして、オリジナルな展開を盛り込んでます。

しかしまあ、ピロシキスキー大佐の語尾がウザいw

今回は、葵を可愛く描くことに力が入ってましたね。休憩のときと、一人で首相のところへ行くときに、皆本に抱きついた当たりが萌えポイント?w

原作の、レベル7の圧倒的な力を見せる展開も欲しかった気がしますが、葵の可愛さに重点を置いたこっちの展開も、それはそれで葵の魅力を引き出してしたと思います。

そして、喧嘩はしてもチルドレン達の絆は強い、と。

首相は現在の人を使ってくるのかと思ってたら、原作どおり2代前の人でしたw
まあ、そっちのほうがキャラも強いしねw

今回はなかなかよかったと思います。次回の薫の当番回、その次の紫穂の当番回も楽しみです。

ところで、廊下に立たせるって、実際にあるんですかね?今まで学校でそういう光景を見たことないんですがw



関連記事

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkouissen.blog32.fc2.com/tb.php/24-b0a53140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 絶対可憐チルドレン 第12話 「前途遼遠!日本の未来をテレポート!!」

絶対可憐チルドレン 01 バベルに首相直々の依頼が入った。それは『日本の運命を左右するほどの何か』が入ったアタッシュケースを、目立たず、時間内に外国にいる首相の下へ届けるという、超難関ミッション。このミッションを遂行できるのは、日本広しといえどレベル7?...

  • 2008/06/23(月) 12:10:11 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人