FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶チル第30話 OP、ED修正

絶対可憐チルドレンのOP、ED修正点。あんまり頻繁に直されると、追うのもめんどいんですがw

まず、OPの初っぱな。薫のアップからズームアウトしていくスピードが変わってます。よりスムーズになった感じ。

バベルのキャラ総登場のシーン。登場の仕方がいろいろ変化してますね。代表的なところだけ画像を。右側が修正後です。ずいぶん小さくされちゃってますw
z1026op01d.jpg

末摘さん。静止画で見ると大して変わりませんが、ちょっとしか映らなくなっちゃいましたw
z1026op02.jpg

トリプルブーストのビーム(?)。少し薄くなってます。
z1026op03.jpg

そして、最初にこのOPを見たときから個人的に一番気になってた部分。最後、飛んでいくチルドレンの場面の薫の足!
z1026op04.jpg

これも。静止画で見なくても、なんだ今のギザギザは?と思いましたからw 描き込む時間がなかったんですかね。ここの3人、細かく描き直されてます。
z1026op05.jpg

ちょっと分かりづらいですが、リミッター、オルゴールのテカリとか、バックの色に溶け込んでしまっていた羽根が目立つようになってたりしてます。
z1026op06d.jpg

こちらはED。この瞳に映るシルエットは、前回の修正をさらに修正。こだわりがあるんかなw
z1026ed01.jpg

手。動きがより細かく・・・。あれ、スーツがなくなってる。
z1026ed02.jpg

兵部少佐。うーん、この画質とサイズだと分からないですね。あんまり高画質で録画してないもんで。髪の毛の光の当たり方が違うのが分かるくらい?
z1026ed03.jpg

あと、最後の兵部と皆本が向かい合ってるシーンも修正されてますが、微妙過ぎるので画像はなしw


と、こんなところですかね。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐チルドレン 第30話

30th sense.「呉越同舟!ご金庫破りは計画的に」

絶対可憐チルドレン 第30話。銀行での金庫破りが予知されチルドレンが出動する。そこにマッスルと澪が現れ・・・という話。

今回もOPとEDにちょこちょこと修正が。

出動しようとした皆本に不二子さんが「懸案事項666号」を見せる。「もしこのグラフが完全に悪魔100%になってしまった時は・・・」。あの未来が待っている、ということでしょうか。

皆本はチルドレンに、能力をパワーアップさせることに重点を置いた新型リミッターを渡す。ちと、唐突な気もしますが。

銀行に到着しESP対策が厳重な金庫に入るが、そこへマッスルと澪登場。マッスルの持っていたECCMを破壊し、2人を捕らえて無事任務終了、と思ったら銀行にいた「普通の人々」によって全員金庫室に閉じ込められてしまう。

金庫室の空気が抜かれ始めてピンチに陥ったところで、皆本が携帯電話のバッテリーを使ってECCMを修理することを思いつく。修理が成功しECCMを再稼動させるが、薫のパワーでも金庫室の特殊金属で出来た壁は破れない。

そこで、新型リミッターの「ブースト機能」で葵と紫穂のパワーを薫に上乗せ。さらに澪も加わりパワーアップした薫の力で、壁を破壊し脱出に成功する。

その様子を、密かに見ていた兵部少佐。「正しいことしか出来ない皆本と一緒ならいい子でいられる」という薫に対し「正しければいいってもんじゃない。そんな優しさが通用するのは幼いうちだけ。いずれ君も僕のところに来るさ」。「あの予知」があるだけに、妙に説得力があります。

今週はここで終了か・・・と思ったら、不二子さん登場。兵部少佐と対決します。原作では桃太郎の話のあとにあった不二子vs兵部少佐の対決シーンをここに持ってきました。ここまではギャグやらパロやら満載でしたがこの対決シーンは一転シリアス。前半との対比で迫力のあるシーンになってたんじゃないでしょうか。

戦いの最中に胸を苦しそうに押さえる兵部少佐。それを機に不二子さんが優位に立ちますが、パンドラの面々が登場して戦いは中断。決着は持ち越しとなります。


今回はギャグあり、不二子さんと兵部少佐の対決ありで盛りだくさん。新型リミッターや兵部少佐の体の異常など、今後につながりそうな要素も登場。思ったよりよかったw

次週は葵の当番回、第2弾です。





関連記事

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック