FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶対可憐チルドレン 第38話

38th sense.「胡蝶之夢!ドリームメイカー」

皆本がパンドラの仕業で昏睡してしまう。兵部少佐は皆本を目覚めさせるかわりに薫をパンドラへ誘うが・・・という話。

バレットは、洗脳は解かれたが記憶と超能力を失ってしまった。薫は「自分のせい?」と責任を感じるが、「敵に情報を与えないように最初から仕組まれていたんだろう」と皆本。

不二子さんは、こんな場合のために渡した『アレ』を持っていないのかと皆本を問い詰める。「アレ」とは予銃の効かないエスパーを殺すために作られた「ブラスター」、別名「エスパーハンター」。予知の世界で皆本が薫を撃った銃。そんなものは持ちたくない皆本。しかし、不二子さんは「あえて持つべき」だと。

皆本の家に送られてきた郵便物に、謎のピンボケ写真が。それを見た皆本は昏倒してしまう。

バベルに運ばれた皆本。薫と幸せに暮らす夢と、薫をブラスターで撃つ夢を繰り返し見せられる世界に閉じ込められているが、紫穂と賢木にも、夢の内容は読み取れない。

攻撃を仕掛けてきたのは、元特務エスパー訓練生の黒巻。罠にはめておびき出すが、マッスル、澪が助けに来て、逃げられてしまう。ここ、普通の住宅地のど真ん中でESP戦が行われてるけどいいんだろうかw

あと、各方面でツッコミが入りそうだけど「ツンデレのクイーン!澪ドレン!」には笑った。また椎名先生のリクエストじゃないだろうなw

進展のないまま3日たち、葵と紫穂も些細なことからケンカをするが、賢木がとりなす。一方薫は、兵部少佐にパンドラに誘われる。「あの夢は本来、未来での可能性、出口を探るために作ったもの」「夢の中でも現実でも、出口はそれしかない」


前回からの続きで始まって、さらに次回へ続く、という流れ。しばらくギャグ系の話が続いていましたが、前回からはシリアスな話の連続。

今回出てきた未来の世界は、夢であって予知ではないけれど、ああいう流れで薫は皆本から離れてパンドラへ行くのだとしたら、切ない話です。

不二子さんはなぜ、ブラスターを「あえて持つべき」と言ったのか?それがどのように予知回避につながるのか?皆本の心理面への、何らかの働きかけを狙ってる?

次回は、今回のエピソードの決着編。第3クールラストです。


あと、全然本編と関係ないですが・・・。

これ、チョビヒゲに見えてしまうw
z380045.jpg





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック