FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶対可憐チルドレン 第43話

43rd sense.「合縁奇縁!キャロライン、運命の再会」

訓練中の皆本とチルドレンのところに、女性が侵入してくる。その女性は、かつて皆本と・・・という話。

チルドレンは、宇宙空間で任務を想定した訓練中。名乗りの元ネタは宇宙船サジタリウス。また古いの持ってきたなw

テレビのニュースに、月面へ行くクルーの女性が。その女性、キャロラインに反応する皆本。嫉妬モード爆発のチルドレン。そこへ、キャロラインが侵入してくる。

チルドレンを思念波で気絶させ、皆本を連れて逃走したキャロライン。賢木によると、侵入してきた女性はキャリーといって、キャロラインの別人格。

コメリカ留学時代の同級生、キャロラインは脳に刺激を与えて超能力のレベルを上げる実験に参加していた。その副作用で記憶を失い、誕生したのがキャリー。

キャリーが皆本に懐いたため、世話をすることに。幼児並みだった知性が成長するにつれ、キャロラインが復活。皆本を好きになっていたキャリーは人格が統合されることを望まず、自らを封印した。

キャリーを捕まえにきたコメリカチーム。チルドレンも参入してきますが、首相の依頼によりこの件はコメリカに任せなければならない。介入すれば国際法違反で逮捕されてしまう。納得できないチルドレンを不二子さんはリミッターをオンにして拘束。で、次週。


さて、今回のエピソード、原作をかなり脚色して・・・るのですが、実は原作のキャリー話、かなり長いこと読み返したりしていなかったために記憶があやふや。そのおかげかそれほど違和感なかったです。

でも、原作でも人気のあるエピソードだけに、この脚色は意見の割れるところでしょうね。

相変わらず嫉妬するチルドレンはかわいいですが、キャリーがどうなったかを気にする薫には、クイーンとしての資質がやはりあるのかなと。

脚色されているので、原作読者でも話の続きが単純に楽しみです。脚色自体が気に入らない原作読者的には、ちょっとツライですね。椎名先生言うところの「<ネタは同じでも全然別のエピソード>になることはあっても、<別の作品>ではない」というところにうまく持ち込めていればいいのですが。

で、その椎名先生のブログを見たら・・・結構生々しい皆本の初体験話がw サジタリウス、先週のマクロスも椎名先生のリクエストだったのね。


そうそう、全く話が変わりますが、ちょっと前から右上の部分にアマゾンインスタントストアへのリンクを貼ってあります。アマゾンで買える商品限定ですが、関連商品をジャンル分けして整理してあります。ショップと言うよりは、データベース的な意味合いで作成したので、何かの参考にでもしてください。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐チルドレン 16巻

小学館のサイトより。3月18日(水)発売ですね。

中学生編スタートってことで、ズバリ、表紙は中学生のチルドレンと予想。まあ、そのまんまですがw





関連記事

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック