FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶対可憐チルドレン 第50話

50th sense.「一意奮闘!オーバー・ザ・フューチャー」

兵部少佐は、皆本を子供に戻してあげよう、と提案する。皆本の答えは・・・という話。

子供皆本の学校生活、楽しそうです。紅葉は保健の先生、マッスルのモデル、葉っぱ隊はダメだろw 真木が理科で、葉は音楽。葉の担当科目がちょっと意外w コレミツは用務員さん?(用務員、という呼び名には色々意見があるようですが)

どれもこれも、小学生として普通の生活ですね。でも、皆本は送ることの出来なかった生活。まあ、普通の小学生はあんなにモテませんがw

記憶の修復が進んでいることを喜ぶチルドレン。皆本はそんな3人に反発。兵部少佐の提案に乗り、子供のままでいられるようにしてもらおうとする。今、選ぶことが出来るなら、普通の子供として過ごせる今の状態がいい。

薫たちは、皆本を説得。「皆本が子供に戻らなくても、あたしたちが大人になって追いつくから」と。過去に戻ってやり直したい、というのは一度くらい考えたことがある人は多いと思いますが、薫のセリフは自分の過去を受け入れることが出来ているからこそ。それも、皆本のおかげだということも分かっているわけですね。

トリプルブーストによって、記憶は回復。ユーリは翼の生えた薫を見て「綺麗・・・」ちゃんと、連載中の中学生編につながってますね

「お前の憎しみが消せるなら」と兵部にブラスターを渡そうとする皆本、「僕とこの子たちが作る未来を見届けてもらわなきゃ困る」というセリフ、原作にない部分ですが、個人的にはなかなかいいと思いました。


ということで、実質的には最終回と言ってもいいような内容ですね。来週、本当の最終回でどんな話になるか分かりませんけど。おおっと、アニメで中学生編の姿が見られるとは思ってなかったので、楽しみ。「なんにでもなれるし、どこにでも行ける」は原作第1話に登場したセリフですが、最終回にしてやっと出てくるとはw

それにしても、来週ついに最終回か・・・。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック