FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

絶対可憐チルドレン 2009/26号

試験に出る超能力(5)

今週のサンデー、絶対可憐チルドレン。

ウツミさんの能力によって薫が・・・というお話。

不二子さんによると、ウツミさんのフルネームは「宇津美清司郎」で、情報分析と暗号解読のプロ。紙と文字を操る合成能力者。「清司郎」は先日亡くなった忌野清志郎さんから取ったりしてるかな?分かりませんけど。

ダブルフェイスと不二子さんは飲み友達なんだろうかw 「今まで自分が食べたパンの数を覚えていて?」というのはジョジョネタだったかな?

自分と兵部少佐の違いを考える薫。兵部少佐はエスパーにだけ優しい、自分はノーマルに対しても同じように思っている。皆本と出会う前は兵部少佐に近い考え方だったけれど、ここまで変ったんですね。

でもいつか、裏でノーマルがエスパーに対してやっていることを知り、パンドラへ行くことになる・・・うーん、切ない。薫がノーマルとして考えている人たちの中に雲居悠理がいますねぇ。

兵部少佐は薫を罠にかけようとしているようですが、どんな罠なんでしょうかね。アジトのことをバベルに報告することを前提としているなら、薫とパンドラのつながりに対して疑いの目を向けられるような感じとか?

宇津美さんの能力で、皆本の思いを感じ取った薫。インチキくさい手段ではなく、宇津美さんの能力によって自らやる気を出して勉強する、というのはいいですね。勉強のモチベーションとしては、チルドレン3人の中で一番マトモですw

そして、帰る前にサイコキネシスで何かする気のようですが、いったいなんだ?


というわけで、薫がやる気になって次号へ。やる気になったのはいいんですが、さぷりめんとでは葵におちん…と言わせようとしたり、カガリの生理現象をカズラに教えたり、エロオヤジキャラもまだまだ健在のようですw

ハシラの担当さんのコメントも相変わらずはっちゃけておりますw






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック