FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

サンデー・マガジンのDNA 週刊少年漫画誌の50年

前に記事を書きましたが、コミックナタリーに掲載されていたのであらためて紹介しておきます。

サンデー・マガジン100作品の原画展、川崎で開催

開催期間は7月18日~9月13日、場所は川崎市市民ミュージアムです。絶チルの原画の展示予定はないようですが、GS美神の原画は展示されるようです。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐チルドレン 2009/31号

ライフ・セイバーズ(2)

今週のサンデー、絶対可憐チルドレン。

チルドレンは海水浴場で警戒中。局長たちも個人的に応援に。と、そこで爆発が・・・という話。

海水浴場を監視しつつ、今週も「怖がられたり万能を求められたりするのが超能力者の宿命」と、エスパーがなかなかノーマルに受け入れられない現実を語る皆本。

・・・と、そんな現実に軽く不満を抱きつつも双眼鏡でライフセイバーの兄ちゃんたちのマッチョな体に萌えるチルドレンw ってか、薫はマッチョな男にも普通にエロを感じるのねw

で、比べられてしょんぼりする皆本。薫の表情だけ、紫穂と葵とは違ってますw

局長に不二子さん、賢木や柏木さんが応援に来ていることに気付いた皆本たちは、海水浴場以外を警戒することに。賢木は非番に呼び出されたことで、サスペンスドラマの犯人役のようになってます。

・・・何気に朧さんを抱き寄せてるのが気になるんですがw

と、ここでさっきまで乗っていたスワンボートが爆発!船体の破片を透視しても手掛かりはつかめず、沈んでしまった爆弾の破片を調査することに。

薫、紫穂、賢木の3人は海底へ、葵は他の事故に備えて海上で待機。

が、チルドレンたちを分断させることこそが「普通の人々」の狙い。海中の薫たちに危機が迫る―――。


というところで次号。海中には物理攻撃可能な薫がいますが、泡を維持するために攻撃や防御にはあまり力を割けなそう。逃げようにも、減圧症のために急浮上は出来ず、ということで、なかなかのピンチになりそうです。

サイン会&原画展の情報は次号で。「サンデー・マガジンのDNA 週刊少年漫画誌の50年」(7月18日~9月13日、「川崎市市民ミュージアム」)というのもあります。






関連記事

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

次のページ