FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

平野綾だけTV・その2

昨日放送された「平野綾だけTV」、平野綾さんが絶対可憐チルドレンの原稿作成をアシスタントとして手伝う、という企画ですが、椎名先生の仕事の様子を全然紹介してなかったな、ということで「その2」を書いてみます。

とは言っても、番組のメインは平野綾さんなので、そういったシーンはあまりないわけですが、「絶対可憐チルドレンが出来るまで」と称して紹介された、原稿作成の工程です。


まずは、椎名先生の紹介。「カナタ」も紹介してあげてくれw
hirano_tv04.jpg


アトリエ内の紹介。アシスタントのみなさん。
hirano_tv15.jpg


椎名先生が立っているところが椎名先生の机。平野さんの前の机が奥さんが使っているチーフ席。
hirano_tv16.jpg


絶チルが出来るまでの工程。大きく分けてこの7つの工程。
hirano_tv05.jpg


ネーム。ストーリーに沿ってコマ割りとレイアウトを決定。吹き出しと登場人物の位置もおおまかに。
hirano_tv06.jpg
以前、コミケや東京国際アニメフェアでDVDの特典に付いていた複製ネームはほとんど何も書いていなかったようですけどw


あたり。ネームの内容を青い鉛筆で実際の原稿に写す。青い鉛筆は印刷に写らない。
hirano_tv07.jpg


下書き。青い線の上から、普通の鉛筆で下書き。
hirano_tv08.jpg


単独背景。椎名先生が下書きまでの作業をしている間、アシスタントさんたちは背景。あとで人物と合成するそうです。
hirano_tv17.jpg


ペン入れ。鉛筆で描いた線を、ペンで清書。
hirano_tv09.jpg


ペン入れ中。薫です。
hirano_tv10.jpg


スッ、スッときれいな弧を描いています。
hirano_tv11.jpg


仕上げ。アシスタントさんたちが、ベタ、スクリーントーン、ホワイトなどの作業を行う。アシスタントさん一人が1ページの仕上げを全て担当する、ページごとの担当制になっているそうです。
hirano_tv12.jpg


CG作業。椎名先生がパソコンに取り込んで、背景を合成して微調整。
hirano_tv13.jpg


細かい汚れを取ったりしているようです。
hirano_tv14.jpg

編集部に送信して、入稿完了。


これを毎週18ページ分、週間連載ってのは大変なんだなあと思いました。でも、平野綾さんには時々椎名先生にムチャ振りをしてもらえると、またこういう機会があっていいかもしれませんw






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

平野綾だけTV

平野綾さんが椎名先生のアトリエを訪れて、絶対可憐チルドレンの原稿作成を手伝うという「平野綾だけTV」の感想です。

まず、椎名先生の原稿作成の過程が見られるという点で、かなり興味深い内容でしたね。原稿の作成って、すごい集中力が必要な作業なんだなと。

ロケ開始時に、今日アシスタントをする漫画家が椎名先生だと聞かされる平野さん。ホントかなw なんとこの収録日は原稿の締め切り日だそうで。

ちなみにこの日の原稿作成は、今週のサンデー32号、ライフ・セイバーズ(3)のさぷりめんと1ページと、単行本18巻の巻末おまけマンガ3ページ。このうち平野さんが手伝うのはおまけマンガ半ページ。薫のアップです。

アシスタントさんは男性4名と、普段は奥様がチーフとして参加しているらしい。

アトリエの中には資料となる本やら、可憐Girl'sのメッセージ付き写真など、いろいろなものが。
hirano_tv01.jpg
左側に映ってる可憐Girl'sのメッセージは、これですね。
未来を今超え・・・られっかな、俺(^^;)

使用済みの原稿を見せる椎名先生。
hirano_tv02.jpg
31号、ライフ・セイバーズ(2)の扉絵ですね。

さて、椎名先生が原稿を仕上げる工程は、ネーム→あたり→下書き→単独背景→ペン入れ→仕上げ→CG作業の順に進むらしい。「あたり」というのは、ネームの内容を印刷に写らない青い鉛筆でを実際の原稿に写す作業だそうです。

アシスタント道具を平野さんに渡す椎名先生。1円玉を貼って浮かせ、原稿が汚れないようにしてある定規など。意外と原始的な方法と言うかなんと言うかw

「ベタ」と「スクリーントーン」と「集中線」の練習をする平野さん。スクリーントーンを切るときに、下の原稿まで切っちゃってましたw

練習が3時間終了したところでおやつの買出し。6,740円も、領収書「椎名高志」で買ってきてますw 表紙に自分が載っている「チャンピオン」も買ってきてるしw

絶チルについて語る平野さん。未来予知のシーンを「切ない!」 そして、「サイコ・ダイバーズ」の「10歳の時より10倍も皆本のこと好きなんだもん!」を「萌える」と。いや、いいシーンを押さえてますw

「サイキックうう――引き寄せたついでに事故でちょっと胸の大きさチェック!」を平野さん実演。おお!中学生編の薫のセリフだ!ある意味二期を先取り?w

薫たちの着ている服は何かを参考にしているんですか?と平野さんが質問。奥さんがデザインしているそうです。

ということで、おまけマンガの原稿で本番。集中線とスクリーントーン作業を無事に終えていました。
hirano_tv03.jpg


感想・・・と言うか内容の紹介になりましたが、絶チルの原稿作成の過程を垣間見ることが出来て、いろいろと興味深く、おもしろかったです。

平野綾だけTV、DVDになるそうですが、平野さんが椎名先生に4巻のジャケットを依頼したところ、あっさりOK!いや、そうだろうなw 今回の放送も収録されるんですかね。


今回の放送の裏話、さっそく椎名先生のブログに上がってます。早いなw

※追記:平野綾だけTV・その2の記事を上げました。






関連記事

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック