FC2ブログ

陽光一閃

日々の気になったこと。テレビとかゲームとか・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 2010/46号

幻影の肖像(7)

今週のサンデー、絶対可憐チルドレン。

兵部少佐がユーリにとどめを刺し、ユーリ死亡?・・・という話。

あ、激しくネタバレですので、本誌をまだ読んでいない方、単行本派の方は読まないほうがいいと思います。

いやー、今回、久しぶりにマンガでドキドキしました。えぇっ、殺しちゃったの!?みたいな。絶チルでは今まで最大級の衝撃展開かも、なんて思いつつ読み進めて、最終的には兵部少佐のヒュプノでした、ということで殺してはいなかったわけで、少しホッとしましたが。

殺さずに丸くおさめるには、雲居悠理を主人格に人格統合するしかないんじゃないかと思っていたので、それに近い展開にはなりました。

ただ、よくよく考えてみると、仮死状態に置かれたユーリ本人にとってはまさに死んだも同然なわけで、今回の話で明らかにされたユーリの過去も合わせて考えると、ものすごく切なくなります。

そのユーリの過去ですが、どうやらヒュプノを持った母親の卵子から、人工授精で強力なヒュプノを持った子供を誕生させたうちの一人、ということのようです。となると、ユーリがいなくなっても、新たな催眠能力者が出てくる可能性はありますね。成功率は低いようですが。

母親もブラックファントムに逆らってただの検体にされているということですし、ブラックファントムはホントに悪質だなあ。

と、今思い出したんですが、ファントムも一緒に仮死状態になっているんですかね?そこがちょっと不明ですね。

あと、今回フェザーは絡んでこず、葉を助けてましたね。そっちのほうが未来にとって重要なんだろうかw この展開は、フェザーにとっても好ましい展開だったので、絡まなかったのかもしれません。

というわけで、今回のお話、かなり心にグッときました。




関連記事

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

あえて、チルドレンとバベル側は今回の件に何も絡まずに終わる、っていうのもアリなのかな、とも思いました。そうなるとユーリがすごく可哀想ですけど、作者としては可哀想なお話で伝えたいこともある・・・って、月光条例みたいなコメントになってしまいましたがw

  • 2010/10/14(木) 16:57:57 |
  • URL |
  • yklab #-
  • [ 編集]

またまた先週に引き続き失礼致します、葛やですm(__)m

>幻影の肖像(7)

ああ、ユーリちゃんっ!!!(T_T)

確かに彼女が“黒の幽霊の娘”として犯してきた罪は、償いきれるものではないかもしれません。
それでも、薫ちゃん達“ともだち”に囲まれ、ナイやハンゾーという“家族”に囲まれ。
少しずつではあるけれど、自分という存在やその罪に向き合い始めていたのに・・・!

しかし、このまま幕引きとは思えません。
思いがけずサプリに登場したフェザーは勿論のこと、皆本くん達バベルもこのままということはなさそう。
・・・やはり最後に“彼女”を救うのは、薫や皆本くん達なのではないかと思うのです。

最後になりましたが、絶対可憐チルドレンシリーズ累計500万部突破おめでとうございます!
来週発売予定の23巻も、勿論イラストカード目当てに複数購入決定済みです(笑)

  • 2010/10/13(水) 22:40:05 |
  • URL |
  • 葛や #koCIqGuQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkouissen.blog32.fc2.com/tb.php/791-c8146285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。